自動餌やり機とシッターならどちらがおすすめ?

自動餌やり機とシッターならどっちがいい?

仕事が不規則だったり、急な法事や旅行で家を長時間空けることになった場合、心配なのが大切なペットのごはん

 

そんな悩みを解決してくれるのが、犬や猫のために自動餌やり機
これがあると、とても便利で悩みがひとつ解決しますね。

 

 

シッターにお願いするという方法もありますが、自動餌やり機とシッター、どちらが良いのでしょうか?

 

それぞれどんなメリットがあるのかも調べてみましたのでシェアします。

 

自動餌やり機とは

決まった時間にペットにごはんをあげたいけれど、なかなか同じ時間に帰宅できないときなどに大活躍するのが自動餌やり機です。

 

家に自分以外に家族がいるのなら構いませんが、一人暮らしのかたには悩みの種でしょう。
なら、飼わなければ良いと言う声も聞こえてきそうですが、癒やされたいし寂しい時には心強いものです。

 

帰宅が遅くなりがちな人にとっては自動餌やり機は、超重宝します。
使い方も簡単で、餌やり機の中に餌を入れて、タイマーをセットして使用します。

 

セットした時間になったら、1食分の餌が自動的に出てきます。
なので、留守をしていても決まった時間に、ペットは餌を食べることができるというシステム。

 

餌やり機にも色々な種類有り

例えば、

  • 時間になったら、フタが開いて1食分の餌を食べられるもの
  • 飼い主の声を録音できるもの
  • 餌の量を細かく設定できるもの

各メーカーによって様々な個性があり、選ぶのも楽しいです。

 

家でおとなしく留守番しているペットにとって、餌のときに飼い主の声が聞こえたら、心細さも消えて安心感でいっぱいになることでしょう。

 

また、機械によっては、ドライフードに・ウェットフードどちらにも対応しているものがありますから、ペットの好みのものをセットできるのも良いですね。

 

どの餌やり機も操作が簡単で、機械に疎いという人でも設定することができますので安心してください。

 

また、ペットに開けられないように、ロック機能がついているものが多くありますので、食べ過ぎの心配もありませんし、餌やり機本体も衛生面のことを考えて、とても洗いやすい素材・フォルムになっています。

 

いつもペットが使用するものですから、清潔に保たなければいけません。そして、すぐに取り外して洗えるような手軽さも、自動餌やり機が多くの人に使用される理由の一つでしょう。

 

ペットシッターとは?

こどもをお世話してくれるベビーシッターと同じように、飼い主の留守中にペットの面倒を見てくれる人たちのことを言います。

 

シッターになるには資格もあり、その道のプロです。ペットの餌やりだけではなく、散歩や排泄の片付けや遊び相手にもなってくれます。

 

大切な家族であるペットを預けるのですから、依頼をするときは信頼できるシッターに来てもらいたいですからね。
普段からお世話になっている動物病院・友人からの口コミなどで、事前に情報を得ておくことも必要です。

 

しかし、デメリットも存在します

とてもきめ細やかなサービスをしてくれるシッターですが、少々デメリットもあります。

 

まず、利用金額は決して安価とは言えません。ペットの命を預けているのですから、当然のことではありますが、数日〜数週間利用するとなるとかなりの金額となります。

 

ただ、長い時間そばにいてくれるので、離れたところにいる飼い主としては安心感はありますが。

 

そして、ここが一番重要なのですが、ペットにもそれぞれ性格があります。
飼い主以外とはなかなか打ち解けられずに、餌を食べなかったり体調を崩してしまう子も中にはいます。

 

シッターがいくら面倒を見ようと思っても、受け入れることのできない性格の子もいますから、その辺をしっかりと把握してあげることが大切です。

 

ペットが病気などで心配だけれど、どうしても家を空けなければいけない場合は、シッターを頼むという方法が良いかと思います。しかし、元気なペットの場合、普段とあまり変わらなく過ごすことを優先させてあげたいと思う人が大半です。

 

慣れた環境の中で自由に過ごし、決まった時間になったら餌を食べる・・・という行動が、ペットには一番いいのかも知れません。

 

多少は寂しい思いをさせてしまいますが、そんな時は飼い主の声を録音できる餌やり機などを活用したりすることも良いでしょう。忙しい飼い主に変わって、決まった時間に餌をしっかりと用意してくれる自動餌やり機は、頼もしい味方です。

 

 

<<自動で餌やり!カリカリマシーンSP TOPに戻る|


このページの先頭へ戻る